Zaifで口座開設してみた

はじめて仮想通貨の口座開設したのはビットフライヤーでした。

なんの不満もありません。

 

でもいろいろな仮想通貨ブログ・サイトをみてると、ビットコイン買うならZaifっておすすめしてるところが結構多い。

理由はビットコイン売買手数料がマイナスだからってことなんですが、どういうこと?

普通の銀行で例えるなら、ATMでお金振り込んだら手数料とられるどころかお金くれるってことかな?

 

なるほど。

そうやってZaifさんはお客さんを集めてるわけですね。

ウチでビットコイン買うとお得でっせ?と。

 

「まぁ口座持ってるだけならタダなので作っとくか」

ってことでまんまと乗ってやることにしました。

のでZaifで口座開設したときの様子などを書いておきます。

Zaifの口座開設くらいわざわざ解説せんでもええんとちゃう?とのツッコミは受け付けません。

きっとなにかのご縁でこのブログに迷い込んだ誰かが私の記事を役立ててくれるはず。

Zaifで口座開設したときの流れ

画像をですね、しっかり撮っておいたんですが、なんと削除してしまったようで(汗)

ってなわけで取れるところはもう一回撮ってますが、一部画像のないところもあります。

が、流れはわかるはずなのでご了承ください。

その1 Zaif公式ホームページを開く

Zaifで口座開設その1

めっちゃ字ちっさいんですが、画像下にある雑な赤丸部分「新規ユーザー登録はこちら」をクリックかタップしましょう。

公式ホームページ
>>Zaif 公式

その2 メールアドレスを入力する

メールアドレスを入力する

日常的に使っているメールアドレスがいいですね。

私は個人用のGmailを登録しましたが、間違えて会社用アカウント持ってるなら間違えないように!

仮想通貨投資は副業とは言えませんけど、どう受け取られるかなんてわかりませんし。

その3 Zaifからメールが届く

Zaifから基本情報登録用のページURLが載ってるメールが届きますんでクリックします。

で、この画像がありません(汗)

いまURLクリックしても「無効なURLです。」と冷たくあしらわれるだけ。

まぁ個人情報やパスワードなんかを入力するだけなので書くまでもないはず。

その4 本人確認書類提出

免許証など顔写真付きの身分証明書を写真撮ってアップロードします。

小さいとダメって言われるのでデカ目サイズで。

私は幅600の写真にしました。

この先他の仮想通貨取引所でも口座開設することがあると思うんで、きっちり撮影した画像データを消さずに持っておきましょう。

その5 4日後くらいに確認完了メールが届く

営業日の関係もあるのでだいたい4日前後と考えておきましょう。

それくらい経つとZaifから「口座開設してもオッケーやで!」と連絡メールが届きます。

その6 ログインして電話番号認証を済ませる

Zaif電話番号認証

Zaifにログインすると、最初のページに本人確認状況が表示されてます。

ここの「電話番号認証」をクリック、電話番号を入力しSMSメッセージで送られてくる認証コードを入力します。

格安スマホでデータ通信だけしかできないプランの人は無理ですね。

SMSタイプに切り替えるか、とりあえず親の携帯借りるかってところでしょう。

その7 3日後くらいにZaifから認証コード記載のハガキが届く

これで最後!

3営業日くらいすると、Zaifから確認用の認証コードが書かれたハガキが送られてくるので、Zaifログイン直後のページで「郵送による本人確認」をクリックし入力を済ませます。

Zaif郵送チェック

これで終わり!

お疲れ様でした。

Zaifはビットコイン手数料が安い、っていうかマイナスなので、ビットコイン欲しい人はここがいい感じ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です