ICOについて調べてみた

ICOに関するニュースをよく見かけますが、ICOって何やねん?ってことで調べてみました。

今回はICOのお勉強。

 

読み方はアイシーオーで、

  • Initial(イニシャル)・・・最初の
  • Coin(コイン)・・・・・コイン
  • Offering(オファリング)・・・募集

の頭文字を取ってICOとなってます。

直訳すると「最初のコイン募集」ですが、日本語では「新規仮想通貨公開」と言うらしい。

 

クラウドファウンディングや株発行などでお金を集めることができますが、ICOもその一種。

資金調達したい人たちが独自の仮想通貨を作って発行、ICOにて販売することでお金を集められる仕組みです。

 

仮想通貨の元祖ビットコインの仕組みはネットの転がってるようなので、それを元にオリジナル仮想通貨を作るだけ。

だけっていうと簡単そうですが、素人にはわかりません。

 

ICOの情報はどこでゲットできる?

「TokenMarket」ってWEBサイトでICO情報が一覧掲載されているようです。

https://tokenmarket.net/ico-calendar

TokenMarketトップ画面

これ書いてる時点で100種類以上のICO情報が掲載されていました。

全部に1万円つづ出資しておけばどれかが何百倍に爆上げする可能性も?!

・・・なんてことはないか。

 

ICOのメリットは?

募集する側

  • 株券と違い、証券会社という仲介役がないので資金集めが早い
  • ネットで募集するので、世界中から集められる
  • 株と違って配当を払わなくていい

投資家側

  • 将来の爆上げに期待!
  • サービスによって通貨として使える
  • 取引所に上場する前に転売も可能

募集する側は親近を集めやすいこと、投資家側は値上がりの可能性がメリットですね。

 

ICO投資のデメリットは?

  • 募集する側を細かく調査できない
  • 法規制がきちんと整備されていない
  • 詐欺かどうかの見極めが難しい

ICOの何割かは詐欺って話もありますし、情報をきちんと開示していてもこっそり変更されてるなんてこともあるようで、なかなか判断は難しいところ。

初心者が手を出すのは控えめにしたほうがいいかもしれない。

でも将来○○倍になりまっせ?って言われるとついつい手が出てしまう人も多いんじゃないかと。

ICO時の値段って1円や10円くらいで買えることが多いようですし、「じゃあ1万円くらい買ってもいいかな?損しても痛くないし」となりがち。

私も営業されたら出してしまうと思います(汗)

安すぎるってのも判断力を鈍らせるドラッグみたいなもの。

財布の紐が緩みがちなので危険ですね。

 

ってなわけで、ICO投資はやらなくていいかな。

ブログ主はすでに上場している仮想通貨メインで投資していこうと思います。