「仮想通貨投資で確定申告しなくてよい」的なことが書いてあるサイトを探してみた

「仮想通貨投資で利益が出ても確定申告しなくても良い」という記載がインターネット上に見られる、とニュースサイトに書いてありました↓

確定申告しなくてよいと書かれているサイト

「ホンマかいな?俺そんなん見たことなんですけど?」

と勝手に一人でモヤモヤしてきたので調べてみました。

なんかソースもなしに「一般的に」とか「普通は」とか「という人は多い」みたいなフレーズを使う人には冷たくなります(笑)

おまえ実際調べてないやろ?適当言うな!って感じです。

 

「雑所得の総額が20万以下なら確定申告しなくても法律上はええで?」みたいなのは見たことあるんですけどね。
(雑所得だったかわすれたけど)

でもこの条件込みで確定申告しなくていいよってのはいいんですが、文章前後にそういったことも書かれていないサイトが本当にあるのか?がちょい気になりました。

はい、面倒くさいやつです(笑)

 

ちなみに「散見される」の散見の意味も調べてみると

あちこちに見えること。ちらほら目につくこと。(goo国語辞典より)

とのこと。

って”あちこち”と”ちらほら”では全然意味違うんじゃないの?(汗)そこはハッキリしてもらいたいわー。

で、あちこちって意味で使っていたとしたら、まずそんなにないでしょうね。

 

ではチェックしてみた結果を。

「仮想通貨の利益は確定申告しなくて良い」と書かれているサイトを探してみた

とりあえずグーグルで

  • 仮想通貨 確定申告 必要ない
  • 仮想通貨 確定申告 しなくていい

などのキーワードで検索してみました。

すると・・・・

 

全然ヒットせず!

1ページめに出てくる立派なサイトたちにはそんなこと一言も書かれていません。

個人の日記ブログなんかにはそういった書かれ方してる記事があるのかも知れませんけど、「散見される」ってレベルになるには検索でヒットしないページなんて入らないでしょう。

 

次にツイッターで同じキーワードで検索してみる。

とりあえず2018年のツイートにはそれらしきものはなし。

2017年はほぼほぼ仮想通貨元年みたいなものなので、仮想通貨の確定申告系ツイートすらほぼなし。

 

っていうかブログ主が気になったのと同じ記事に対して突っ込んでるアカウント発見(笑)

中身は別に問題ないんですが、記事タイトルの付け方って大事ですね。

今回は記事内容の間違いやタイトルでなく「散見される」にモヤッとしたので別物ですが。

 

とりあえず、散見されるレベルではそんな事書いてる人はいませんでした。

というか一人も見つからず。

記事書くときに適当に書いちゃいけませんね。

このブログみたいにほとんど見られてないならいいんですが(よくない)。

有名になるほど責任も伴うもの。

そんな責任負ってみたいもんですわ。