中国による仮想通貨の格付けはどんな感じ?

仮想通貨を格付けしてる中国の団体?企業?が、格付けデータを発表してました。

今回で2回目らしい。

1回目5月に発表され、6月もあり。

毎月やるっぽいですね、格付け発表。

いろんな仮想通貨ニュースサイトで取り上げられてますが、30種類全部の順位を紹介してくれてるところがない!

中国ニュースサイトみてもさっぱりわからん・・・。

ちなみに第1回の格付け発表では仮想通貨の名称がこんな感じになってました↓
(全28種類でランキング順ではない)

比特币、以太坊、瑞波币、莱特币、比特币现金、卡尔达诺、恒星币、NEO、埃欧塔、门罗币、达世币、新经币、以太坊经典、量子链、纳诺、应用链、大零币、Verge、Stratis、云储币、斯蒂姆币、比特股、字节币、波币、Decred、超级现金hcash、科莫多币、ARK

比特币=ビットコインのようです。

中国語で「び」「て」「ぴんいん」と発音するので、びてぴんいん=びってんいん=ビットコイン!という当て字。

結構日本語っぽい発音なんですね、って漢字はもともと中国か。

 

で、仮想通貨ビギナー的には1位はビットコインやろ?と思うんですが、そんな単純なものではないようで。

取引のスムーズさや技術力など、いろいろな角度から格付けされての順位です。

とりあえず、1位はEOS(イオス)、2位はイーサリアムでビットコインは17位だそうです。
(1回目は1位イーサリアム、2位steem、ビットコインは13位)

中国的にはビットコインだめなのか。

1位EOSはイーサリアムの上位版らしいので、そりゃイーサリアムより上だよねってことで。

イーサリアムは日本の取引所でも簡単に買えるので買うとして、EOS扱ってるとこはないですね。

買うならバイナンスが良さそう。

 

せっかくなので、格付けしてる中国の本家サイト「中国電子情報産業発展研究院」をチェック。

1回目と2回目の格付けランキングを拾ってみました。

第1回目の格付けランキング

  1. イーサリアム
  2. Steem
  3. Lisk
  4. NEO
  5. コモド
  6. Stellar
  7. カルダノ
  8. IOTA
  9. モネロ
  10. Stratis
  11. Qtum
  12. BitShares
  13. ビットコイン
  14. Verge
  15. Waves
  16. イーサリアムクラシック
  17. リップル
  18. ダッシュ
  19. Sia
  20. Bytecoin
  21. ライトコイン
  22. Ark
  23. Zcash
  24. NANO
  25. ビットコインキャッシュ
  26. Decred
  27. Hcash
  28. NEM

2位のSteemとか聞いたことない(汗)

他にも知らん通貨がいっぱいです。

2回目の格付けランキング

  1. EOS
  2. イーサリアム
  3. NEO
  4. Stellar
  5. Lisk
  6. Neblas
  7. steem
  8. BitShares
  9. リップル
  10. Qtum
  11. Waves
  12. カルダノ
  13. モネロ
  14. Ark
  15. イーサリアムクラシック
  16. コモド
  17. ビットコイン
  18. Stratis
  19. IOTA
  20. Verge
  21. ダッシュ
  22. Bytecoin
  23. NANO
  24. ライトコイン
  25. Sia
  26. Hcash
  27. Zcash
  28. ビットコインキャッシュ
  29. Dicred
  30. NEM

1回目に比べると、イーサリアム以外はかなり変わってますね。

EOSは今年何回もバージョンアップする(してる?)らしいですし、進化してるものは上位に。

微妙なものは下に。

まぁこれはあくまで中国が決めたものですが、アルトコイン買うときの指標としては役立ちそう。

規制まみれの中国が本格的に仮想通貨市場拡大に乗り出してくれたら、ここの格付けが有利でしょうし。

ってなわけで、イーサリアム買うことにします。