ブロックチェーンって何?

仮想通貨について調べていると高確率ででてくる「ブロックチェーン」というフレーズ。

直訳すると塊鎖です。

意味わからんし直訳した意味もなかった。

時間は貴重、大事にせねば。

 

で、ブロックチェーンです。

さっそくグーグル検索してみると

  • ブロックチェーンとは?
  • ブロックチェーンの仕組み
  • ブロックチェーンって何?(タイトル被ったわ!)

といったタイトルのサイトがヒットします。

なんとなく仲間意識が芽生えたので「ブロックチェーンって何?」ってタイトルのサイトをオープン。

それによると、

  • ビットコイン発案者サトシ・ナカモトが考えた仕組み
  • ブロックは仮想通貨の取引情報が記録されている
  • ブロックは世界中にあるネットに繋がっているパソコンなどの端末に保管されている
  • ブロックをチェーン(鎖)のように繋げて1つの仮想通貨が機能している
  • あとからブロックを繋げていくだけなので、過去データの改ざんは不可能
  • 世界中のみんなで保管しているので日本銀行が管理する日本円のように管理者がいない
  • 誰でも閲覧できる

といった特徴あり。

ただこれはあくまで仮想通貨運営で使われているブロックチェーン技術ってだけなので、この保管・管理技術はいろいろな分野で使えることから世界各国がこの技術にお金を投資している状況です。

ちなみに日本では2016年4月に「日本ブロックチェーン協会 (JBA)」が発足。大手仮想通貨取引所のトップが役員に名を連ねています。

 

はい、なんとなーくわかった気がしました。

モヤッとしたものは残るけど。

とりあえずブロックはどこの保管されるんでしょうね?

仮想通貨取引所に口座持ってる人のパソコンやスマホなんかにも勝手に記録されてるんでしょうか。

貴重なメモリの一部を微々たるデータ量だとしても勝手に使われる、しかもどこぞの誰さんかわからない人に参照されることもあるわけですよね?

ブロックだけ閲覧される仕組みなんでしょうけど、見られたら死にたくなる秘密フォルダがあるパソコンのメモリを見られる気がしてしまう。

いやですねー。なんとなくキモい。

気になったので調べてみました。

ブロックチェーンのブロックはどこに保存されている?

そのあたりについて調べてみると、これだけ!って気分すっきりする答えがなかなかない・・・。

それっぽい答えの1つとして、「本格的にビットコインに参加するサーバーは全部のブロックを自分のところにもコピーしてもってる」ってのはありました。

参加するってのはビットコインをマイニングするってことですかね。

はっきり書かれてないのでわかりませんが。

でもいち個人のパソコンなどに保存されている場合、勝手に使われる条件はわからず。

 

んで、「ブロックチェーン ビットコインデータ どこに保存」で検索してみたらやっと発見!

どうやらビットコインをマイニングしている人(マイナーという)の端末に保存されているようです。

マイニングするには専用ソフトウェアがあるみたいですし、それ動かしてる端末上に保存されるわけですね。

ってことは仮想通貨取引所の口座にビットコイン持てるだけなら、勝手にメモリ使われることも見られることもなし!

墓場まで持っていきたい秘密データは守れそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です