送金したビットコインの反映はいつになるのよ?

人生初となる草コインを買うため、Yobitで口座開設しました。

で、ビットフライヤーからビットコインを0.01BTC送金してみたんですが、すぐは反映されず。

1時間後に見てもダメ。

2時間後もダメ。

3時間、4時間、6時間後も全然ダメ。

1日経ってもダメでした(汗)

いやいやいつ頃になるんですかね?

買いたいと思ったときが買い時っていいますけど、完全にそのタイミングで買えないじゃないの。

でもこれだけ遅いんじゃ、将来決済通貨として普及することは難しいんじゃないか?

いまは激速な仮想通貨もたくさん出ているみたいですし。

そのうちビットコインから覇権を奪うコインが登場するかも?

 

んで、なんでこんなに遅延するのか?どれくらい遅れるものなのかネットの声を集めてみました。

ビットコインの送金はなんで遅延するの?

デジタル通貨とも言われるビットコインは、10分間隔のブロックという単位で取引データが記録されていきます。

で、記録される順番は先に実行した人から記録されていくわけではなく、記録する人(マイナーという)にチップ渡した人が優先されます。

ブログ主はチップなしで送金処理してるので、どんどん後回しにされてるわけですね・・・。

送金依頼したときにどれくらいの取引データが溜まっていたのかわかりませんが、1日以上、1時間6回×24時間=144回以上は待たされていることに。

世の中お金持ちが優遇されるってのをまさかこんなところでも味わうことになろうとは。

クレカでもブラックカードだといろんなお店で優遇されますもんね。

お金パワーって大事。

 

で、ネットでビットコイン送金遅延について調べてたら、ビットフライヤーで遅延が発生中!みたいなネタがいくつもヒット!

  • bitFlyerのクイック入金で遅延が発生している
  • bitFlyer出入金遅延,数日たっても反映されず
  • bfは出金遅延しまくり

マジっすか。

まぁでもどのみちビットフライヤーで保管してたので避けては通れなかったな。

これも良い経験です。

ほかにも2017年末の話ですが、ビットコインの送金詰まりもうすぐ30万件超えそうなんて声もあり。

ライトニングネットワーク導入で高速化うんぬんって話もでていますが、今後遅延はなくなってくれるのか?

どのみちチップ払った人が優先されるんじゃ困りモノ。そこんとこどうにかしてもらいたい。

 

遅延について調べてたら、ビットコイン(とビットコインキャッシュ)の送金詰まり具合がわかるサイトがありました。

https://txhighway.com/

txhighway

いまいち見方がわからんのですが、左から右になにやら物体が動いてます。

これがスムーズに流れていれば詰まってないってことでしょう。

 

それにしても1日経っても送金されないってどんだけ遅いねん。

金融機関なら土日はさめばそれくらい遅れることはあるけども。

仮想通貨は24時間365日やりとりできるのがいいところでしょうに。

まぁ今回はビットフライヤーが何やら承認作業してるって話なので、普通ならもっと早いのかも知れませんが・・・。

 

ビットフライヤーは日本トップシェアで一番信頼性高いって話でしたが、業務改善命令受けてるしどこもそんなに変わらないかな?

ってなわけで、ビットコインの海外送金手数料が安いらしい取引所「ビットポイント」でも口座開設することにします。

今後は海外取引所への送金機会が増えそうだし。

あと海外送金ならライトコインのほうが手数料安いって話も。

ライトコインも持っておいたほうがスムーズに草コイン投資できそうですね。

またライトコイン購入やビットポイントでの口座開設の様子も記事にしていきます。